いつかは障がい者という言葉をこの世の中から無くしたい

 

ダイバーシティ、インクルージョンといった言葉が叫ばれていますが、まだまだ障がい者に特別な感情や、差別意識を持っている人が世の中には決して少なくありません。

しかし、背の高い人も背の低い人もいるように、障がいのある人も障がいを意識することなく、普通に暮らせるような、そんな場を提供したいと我々は考えています。

 

えみてる柏たなかは、障がい者向けのマンションです。バリアフリーの建物、必要に応じたケア、見守りスタッフの常駐など安心してお住まいになれる環境をご用意しておりますが、完全個室、外出自由等プライバシーは確保されており、外観も普通のマンションとまったく変わりません。

アーバンアーキテックは、ご長寿くらぶのブランドで、サービス付高齢者住宅や住宅型有料老人ホームを関東各地で展開しております。施設数は建築中のものも含めると60を超え、1,000人以上の高齢者の方々がお暮しになっております。

 

今回は、そのノウハウを生かし、障がいのある皆様が、ごく普通の生活を送りながら、必要な支援を受けられる、そんな新しい形の住まいのブランドとして立ち上げました。

 


えみてるとは?

 

えみてるとは、微笑みを照らすという意味の造語です。

障がいの有無にかかわらず、ご利用者の皆様が明るく笑って過ごせるように。そして、健常者となんら変わりなく、社会に出て働き、自立した生活を送れるように、サポートしていきたいと思っています。